自治会は毎月第1水曜日と第3水曜日に資源回収を行っています。実際の回収は業者さんに委託して行っています。

資源回収が自治会の収入に!!

自治会の資源ごみ回収に出していただくと、市からの奨励金と業者さんからの入金が自治会の収入となります。以下は2021年8月現在の価格(変動あり)

  • 新聞・雑誌・雑紙・段ボール・古着:1キロにつき、市から3円、業者から1円
  • アルミ缶:1キロにつき、市から3円、業者から40円

資源ごみ回収で得た収入は、自治会のいろいろな活動に有効に活用できます。(2020年度の資源ごみ回収による年間収入は約26万円でした)。この金額は自治会の大きな資金源でもあります。尼崎市指定のごみの日ではなく、できるだけ毎月第一と第三水曜日の自治会の回収日を利用して、活動費を貯めて行きましょう!

下記は2020年度(2020年4月~2021年3月)の回収実績です。

品目回収量
回収業者からの収入尼崎市からの収入収入合計
新聞
26,970kg 30,750円80,910円111,660円
雑誌9,910kg 9,910円29,730円39,640円
段ボール9,810kg 9,810円29,430円39,240円
古着1,150kg 1,150円3,450円4,600円
アルミ缶1,660kg 55,400円4,980円60,380円
合計49,500kg 107,020円148,500円 255,520円

資源回収プロジェクトの趣旨

自治会の資源回収運動は以前活動しておられました「JBG自警団」の活動の一部を受けついだものです。自治会はJGBの活動の一環である資源回収の有用性を感じ、また、尼崎市の資源回収運動への取り組みを評価し、尼崎市の資源回収運動団体へ登録を行いました。
自治会の資源回収プロジェクトは尼崎市の「資源回収運動奨励金交付要綱」の事項に「(目的)この要綱は、資源回収運動を実施する団体に対して奨励金を交付することにより、ごみの減量化及び資源の有効活用を図るとともに、コミュニティー作り及びリサイクルシステムの維持にも寄与することを目的とする。」と明記されていますように、尼崎市の要望にかなったものであり、自治会として今後ますます力を入れてまいります。
自治会の会員や一般の方の中には、この尼崎市の「資源回収運動」への取組をご理解いただいておらず、尼崎市の定期回収で良しとされて方が多いのが現状です。尼崎市の人件費の削減にも貢献していることをご理解いただき、自治会の資源回収プロジェクトにご協力いただける方を増やしていきたいと思います。つきましては、ご近所の会員や地域の方々に、この運動の趣旨をお知らせいただき、更なる拡大をお願いいたします。

資源ごみの出し方

古着やアルミ缶を入れるビニール袋はどんなものでも構いません。尼崎市指定のごみ袋でなくても大丈夫です。

「資源ごみ回収札」は見えやすいところに置いて下さい。回収業者さんが郵便受けなどに返却して下さいます。「資源ごみ回収札」は自治会からお配りしていますが、お手元にない方、もう一枚欲しい方は役員までご連絡下さい。