少子高齢とともに、いろいろな問題が発生してきていますが、中でも、高齢化による認知症の方の増加は特に深刻な問題です。いつ何時、自分が、家族が、認知症を発症するかわかりません。認知症になって困るのは本人よりむしろ、その周りの人たちです。家族はいったいどうしてよいやら、うろたえるばかりです。そのために、そんな時にはどのような手を打ち、どこに相談するのか知っておく必要があります。自治会では、そのための勉強会を企画しました。第1回を来る10月19日、武庫之荘北会館で開催いたします。先々のため、是非、勉強会に参加ください。